COMPANY PROFILE会社案内

ホーム > 会社案内 > 社長あいさつ

社長あいさつ

代表取締役社長 木下浩一

ごあいさつ

セブン工業は、お蔭様で今年設立60周年を迎え、来年には創業90周年となります。社名の由来でもある7人の創業者でスタートした弊社は、製材事業から集成材事業へ、そして階段やカウンター等の「内装建材」と、プレカット構造材やパネル材等の「木構造建材」を生産する木材加工事業へと、常に時代を先駆けて事業を幅広く進化させ、現在はその二つの分野で木材加工事業を行う、業界でも珍しい企業となりました。

集成材事業については、国内のパイオニア的存在であることから、業界では ”集成材のセブン工業“ として知られていますが、現在は、内装建材事業ではその集成材を使った階段やカウンター等の製造において国内生産量トップクラスとなっています。品質面でも大手の建材メーカー様、ビルダー様との取引において、高い品質管理基準を継続的にクリアーしています。また、木構造建材事業でも役所庁舎や教育施設、介護施設、商業施設等の木造非住宅物件対応の特殊加工や品質管理技術を持つなど、質・量の両面で、木材加工事業のリーディングカンパニーへと進化しています。

昨年度、わが社では付加価値商品である “S⁺シリーズ” の“S⁺Stock(収納付き階段)”、“S⁺Cube(組立収納ボックス)”、”S⁺Safety(先行・フロア貼り階段)“を開発・発売開始しました。また、弊社の技術を駆使したデザイン階段 “TWO BEAM” はTVドラマの撮影セットで採用され、話題を集めました。
このように弊社が長年培った木材加工技術、加えて数千種類に亘る豊富なバリエーションの色のレシピや塗装技術、特注対応力は、木材の限りない可能性を引き出し、多様化した価値観や“ウッドファースト”の時代において大きな財産になっています。

次の時代に向けて、2021年度の全社スローガンは、”Be Professional! “(全員がプロになろう)、と致しました。弊社の社是にもあります通り、プロとは「仕事の出来栄えとスピードを持つこと」は勿論のこと、「社会、お客様、投資家の皆様等、ステークホルダーの皆様の要望に応えられること」と考えます。
これからの新しい時代においても、環境に優しい資源である木材を、セブン工業ならではの多様な技術で更に輝かせ、ステークホルダーの皆様の要望にお応えしていきたいと思います。
わが社のキャッチフレーズは ”伝えたい 届けたい Wood idea” です。木のある心地よい暮らし と 元気な森 を未来に残したい、この想いを持ち続けながら、時代に合わせた新たな商品開発、市場開拓を積極的に行い、引き続き事業を進化、成長させてまいります。

セブン工業株式会社 代表取締役 社長執行役員
 木下浩一