アベマキカウンター

NEW

岐阜県産のアベマキを使った趣のあるカウンター

岐阜県美濃加茂市の里山に多く自生する「アベマキ」。昔は薪などに使われた、ブナ科コナラ属の広葉樹です。
建材や木工製品としての利用が難しいとされ、里山に放置されてきた「アベマキ」を、新たな「県産材」として趣のあるカウンターに仕上げました。
  • 岐阜県産
  • 新たな
    県産材
  • 個性的な
    木目

POINTS製品の特長

アベマキの良材部分を表面材に

硬く・重く・寸法や断面が狂いやすいという性質を持つアベマキ。そこで数少ない良材部分を集成材にして突板(薄くスライスした板材)に加工。
岐阜県産のスギ集成材を芯材として表面にアベマキの突板を貼り合わせました。

アベマキ×スギ 欠点を補い合う新たな木材に

スギは軽く、柔らかく、丈夫で扱いやすい材料ですが、その柔らかさ故に傷が付きやすいという欠点がありました。そこに硬さを持つアベマキの突板を貼ることで、軽さと傷が付きにくいという特徴を併せ持った新たな県産材を作り出しました。

個性的な木目

流通量が少ないアベマキの木目はワイルドさを持った濃淡が特徴的で、オリジナリティのある空間を演出します。

【節・カスリ】自然ならではの節。小さく木目に入り混じっているのが特徴。同様に黒い筋状のカスリもあります。

【材色】芯材と辺材の赤味と白味に加え、アベマキ特有の黒味のある材が入り混じる、表情豊かな材です。

学習机としても、施設でのご利用も

一般住宅はもちろん、学校、集会施設、保育施設、商業施設、レジャー施設、介護施設などにもご利用いただけます。

価格・サイズ・形状など、詳細は下記「資料ダウンロード」よりリーフレットをご覧いただくか、お気軽にお問い合わせください。
PAGE TOP
RECRUITING SITE